東京都大田区大森東5-12-14
TEL. 03-3762-8451 FAX. 03-3762-8454
JR電話 057-3344
HOME 軌道保守用品>橋まくらぎ移動防止金具

橋まくらぎ移動防止金具

PAT.3572260
橋まくらぎ移動防止金具は、レール継目部に敷設されたまくらぎの前後4本〜8本に施工することで、
列車走行時の振動・衝撃・加速度を吸収しまくらぎの移動を防止します。
まくらぎの種類を問わず、まくらぎの間隔が不揃いでも取付・連結可能です。
錆に強く強靭な鋳鉄製(FCD 450)で、長期にわたって列車の安定走行に貢献します。
1. まくらぎに穴をあけずに取付け可能
施工時はまくらぎに面倒な穴あけは要りません。従って専用穴あけ機も不要です
2. ボックススパナ1本で取付け可能
作業員1人でも簡単に取付けることができます。
3. まくらぎの種類を問わず取付け可能
多様なまくらぎのサイズに対応していますので、まくらぎを加工する必要がありません。
4. まくらぎ間隔が不揃いでも取付け可能
2本のまくらぎをジョイントバーでつなぐ構造なので、まくらぎの間隔が均等でない所にも取付け可能です。
5. 錆に強く、強靭な鋳鉄製(FCD 450)
耐腐食性能を有し、振動を吸収する性質(減衰能効果)を持った鋳鉄製です。
ボルト類も防錆処理済みで耐候性に優れています。
間隔が拡大したり、直角が狂った
まくらぎの状態
施工後はまくらぎが正確に固定され
目で安全性を確認できます。
施工例(施工場所:JR総武線 荒川橋梁 軌道回路区分点)
仕 様
橋まくらぎ移動防止金具 HR-2
下記の表はまくらぎ1本に対し装着する部品構成です。
ジョイントバーは標準付属のサイズです。(まくらぎ間隔が350mmに対応)
※ ジョイントバーは標準付属のサイズ以外に200mm(まくらぎ間隔が180mm以下)、
  400mm(まくらぎ間隔が380mm以下)があります。
ページTOP▲
詳しくはお問い合わせ下さい。
 林総事株式会社
〒143-0012 東京都大田区大森東5-12-14
TEL.03-3762-8451 FAX.03-3762-8454 J R電話 057-3344
e-mail:info@hayashisoji.com